メリットは何があるの?

当初、日本では心臓病のための医薬品としてコエンザイムQ10は認可されました。
そのため、当時は医療関係者と心臓病の患者さんくらいしか知られていない存在でした。
それがのちにサプリメントとして、誰もが気軽に自由に入手して利用できるようになりました。

今では、もうそのコエンザイムQ10という名前は広く浸透して、かなりの知名度になっています。
利用目的も疲労回復や老化防止、美容の為など様々に利用できることが、メリットでしょう。
様々な用途に使えるという事です。

例えば
代謝活性を高める作用です。
これはいわゆるエネルギーを作ることになります。
細胞などの酸化を防ぐことができるという抗酸化作用があります。
血行動態改善作用といって全身の血流を改善するという作用があります。

抗老化作用といって、いつまでも若々しく過ごせるための老化を予防する作用があります。
向ホメオスターシス作用があります。
これは調節系を正常化させるという作用です。

他にもコエンザイムQ10で疲れを和らげる方法などもあるそうです。

以上、上記の記載の作用で代表的なものは、
代謝の改善作用と抗酸化作用でしょう。
そのほかにも体内に蓄積したナトリウムイオンの排泄作用や心筋細胞膜の保護作用なども報告されています。
これらはコエンザイムQ10がもつ一握りの大切な効果の一部にすぎません。
コエンザイムQ10についてこちらにも詳しく載っています。http://www.milhollandcycles.com/

しかし、このコエンザイムQ10は、実はさらに幅広い可能性をもっています。
コエンザイムQ10を20数年以上もまえに用いた
有効な治療法のない『起立性低血圧』という病名の患者の方に用いたところ絶大な効果が得られました。
さらに様々な難治性疾患に伴う痛みや、筋ジストロフィーなどの神経難病、末期がんに対する
緩和医療などに用いた例もあります。
また、コエンザイムQ10は快眠にも効果があります。

このような様々な症状にもコエンザイムQ10は思わぬ効果を発揮する事が分かってきています。
今回、記述している作用は全てに十分な科学的根拠があるわけでは有りませんので、これから服用しようと思う人は、しっかりとご自身の責任で確認してみてください。

▼コエンザイムQ10の様々な摂取方法がこちらで紹介されています。