美肌によいコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、美肌づくりに抜群の効果を発揮するものです。
その効果のすばらしさをご紹介しましょう。

皮膚は、表皮、真皮、皮下脂肪の3つの層からなっています。
皮膚の本体といえる真皮の大部分は、コラーゲンという繊維状のタンパク質からできています。
肌のみずみずしさハリを保つ原動力のコラーゲンです。
コラーゲンの新陳代謝が活発に保たれている限り、肌のかさつきやしわは起こりません。
コラーゲンは、真皮中の線維芽細胞でつくられます。

コエンザイムQ10が充分にあるとこの細胞が活性化され、コラーゲンが合成されるのです。
真皮細胞は、定期的に新しい細胞と入れ替わります。
そのサイクルは、、20才くらいまでは1か月、20歳から40歳くらいまでは2か月というように加齢によってだんだん長くなっていきます。

コエンザイムQ10は、新陳代謝を活発にし、真皮細胞のターンオーバーのサイクルを早めます。
また、コエンザイムQ10は、強力な抗酸化作用で、皮膚の活性酸素を取り除き、シミやしわを防ぎます。
紫外線やストレス、不規則な生活などによって、皮膚の中では活性酸素が大量に発生します。
それがメラニン生産細胞に届くとシミになり、コラーゲンを老化させてシワをつくるのです。
シワを作らないためにもhttp://www.terramat.com/cosme.htmlで紹介されているような配合スキンケアや化粧品で毎日お手入れしてみてください。

コエンザイムQ10とならんで美肌作りに効くのがLシステインとビタミンEです。
シミ予防の市販薬などに含まれるLシステインはイオウが結合したアミノ酸で、活性酸素を吸収します。
そのため、高い抗酸化作用をもつのです。
一方若返りビタミンとして知られるビタミンEは、自らが活性酸素に参加されて身代わりとなることで抗酸化力を発揮します。

しかし、いったん酸化されたビタミンEは抗酸化力を失うだけでなく、今度は自らが別の物質を酸化する危険性があります。
そこにコエンザイムQ10が一緒に存在すると、酸化されたビタミンEha,速やかに本来の成分に戻り、無駄なく利用されるのです。
コエンザイムQ10とビタミンEとの関係についてはこちらのサイトでも詳しくまとめられています。

コエンザイムQ10のハンドクリームも美肌におすすめです。