コエンザイムQ10の産みの親

コエンザイムQ10はどこで出来るのでしょうか。
私たちが生命を維持していくにはエネルギーが必要です。
スポーツや仕事で体を動かしていても、パソコンを相手に頭を使っていても、
何もしないでタダねている時でさえも、私たちの体はエネルギーを作り出しています。
その中でも、コエンザイムQ10は生命活動に不可欠な成分といえるでしょう。

コエンザイムQ10の産みの親とは私たちの体でつくられているのです。
ではその大切なエネルギーは体のどこで作られているのでしょうか
体のどこが産みの親なのでしょうか。
こちらには青汁とコエンザイムの効能や効果について詳しく掲載されています。

私たちの体はおよそ60兆個もの細胞で構成されていますが、その全ての細胞内にはミトコンドリアという小器官があります。
細胞の中にあるのですから、サイズで言えば0.4~3.0umという極小の器官です。

私たちの生命活動に必要なエネルギーの95%は、このミトコンドリアが作り出しています。
ミトコンドリアは体の大切なエネルギーを生み出すことの出来る細胞内の小さな工場ともいえます。
食物から摂取された炭水化物やタンパク質や脂質などの栄養素と呼吸によって取り込まれた酸素は、
血液にのって全身の細胞に送られ、ミトコンドリアに取り込まれます。

ミトコンドリアの内部では酸素を燃料にして栄養素を燃焼させ、ATPというエネルギー物質が生産されています。
この仕組みをクエン酸サイクルと呼びます。

そして生産されたATPは必要に応じてリン酸とADPに分解され、細胞が活動するためのエネルギーを放出します。
このクエン酸サイクルでの化学反応にはビタミンやミネラルとともに、多くの酵素や補酵素が触媒として働いています。

コエンザイムQ10は酵素の働きを助け、エネルギー生産の効率を高める補酵素のひとつです。
コエンザイムQ10は、なければ生きていけないというものではありませんが、あるとないとではエネルギーの生産効率が約28倍も違ってきます。

私たちの体の様々な期間も細胞で十分なATPが作り出されてはじめて、しっかりとはたらくことができます。
そのためにコエンザイムQ10は欠かせない物質といえるでしょう。
そんなコエンザイムですが、加齢とともに減少するといわれています。そうなった場合サプリメントなどで補う必要がありますよね。
そんな時効くコエンザイムQ10の選び方を知っていると良いでしょう。
また、こちらにも自分に合ったコエンザイムQ10の探し方が載っていますので上のサイト同様参考にしてください。